e43 Anela

学校名那覇商業高等学校
会社名Anela
商品名オリジナルデザインのスウェット

販売サイトはこちら(BASE)
https://reabiz10.base.shop

SNSリンク
Twitter
https://twitter.com/Anela_nasho
Instagram
https://www.instagram.com/anela_nasho/

セールスポイント

この商品は、販売時期が1月なのでスウェットの需要が高まると思います。
デザインは、表をロゴだけで裏にオリジナルデザインプリントすることで、前から見ても後ろから見てもシンプルでオリジナリティーが出せる商品となっています。また、多くの男女から好まれているユニセックスのオーバーサイズで作っているため、多くの売り上げが見込めます。ファッションはその時になるまで流行が分からないのでネットショッビングが始まる直前まで、プリントするデザインを考える予定です。

セールスポイント

この商品は、インスタグラムを利用してスマホケースは透明か色付きかのアンケートをとった結果、透明が圧倒的に多かったため透明のスマホケースを販売することにしました。また、この商品は、今年7月に授業のいっかんで行った沖縄県総合教育センター内のUVプリンターという機能でメンバーが作成してくれているイラストを透明のスマホケースにプリントします。
10月に新しいiPhoneが発売されるのでiPhone12のケースの需要が高まることが予測されます。なのでiPhone12のサイズのケースも用意する予定です。

この商品は、3,000円以上お買い上げした人におまけとして付けます。デザインは、私たちの会社名の「Anela」をロゴとして入れました。「Anela」は、ハワイ語で「天使」という意味です。ロゴだけを入れることによってシンプルで使いやすいデザインにしました。自分たちの会社は、売上の5%は「沖縄の美ら島ゆいまーる寄付金」というところに募金する予定です。自分のお金の行き先が分かって寄付に貢献できる事を知れば、購買意欲が高まると思います。

この商品は、1セット5枚入りで他のステッカーよりも安くデザインも私たちのオリジナルです。また、透明スマホケースに挟んで使うこともできるサイズにしました。ほかの商品よりもデザインの種類を増やし、カラフルでかわいいデザインにしました。

部署・役職学年ニックネーム
社長2年みうにゃん
広報マーケティング部2年ふうちゃぬ
広報マーケティング部2年りーにゃん
経理部2年まいめろでぃ
人事法務部2年ここなっつ
人事法務部2年もきゃ
仕入れ部2年らぶ
仕入れ部2年みやりあ
デザイン部2年くーたん
デザイン部2年ちんめい

 私たちの考えたビジネスは実現可能です。その根拠は、4つあります。

 まず、1つ目はメンバーの中に語学が得意な人がいることです。商品の仕入れは中国語を活用して中国から仕入れます。仕入れを中国から行うことによって、商品を大旦に安価で仕入れることが出来、販売する際価格も下げることが出来ます。安価で販売することが出来れば無名な私たちの会社でも消費者に選んでもらうことが出来ます。実際に私たち高校生は、いくらデザインがいい商品でも値段が高ければ購入しません。ターゲットとしている10代の女子に選んでもらうには、価格はとても重要な観点です。そのため、私たちの商品は低価格で販売しより多くの人に選んで貰えます。

 2つ目は、商品のデザインです。私たちは、商品のデザインも自分たちで行います。絵の得意なメンバーが考えたデザインを使用しています。自分たちで考えたデザインのため個性のある可愛い商品となっています。このデザインは、私たち10代の流行も取り入れたデザインとなっています。流行を取り入れることによって、流行に敏感な女子高生を中心に多くの人に商品を広めることが出来ます。

上のイラストは、実際に私たちが考えた商品のデザインです。

 3つ目は、商品の宣伝です。私たちのメンバーの中には、インスタグラムのフォロワーが1,000人以上いる人や、SNSで影響力のあるインフルエンサーの知り合いが数人いる人もいます。それを利用して商品を宣伝します。私たちがターゲットとしている10代の女子はほとんどの人がSNSを利用しています。そして、インフルエンサーや知人がSNSに載せているものを参考に今の流行りをリサーチしています。SNSに商品の宣伝をすることは大きな宣伝効果を発揮することが出来ます。また、SNSはマーケティングにも役立ちます。私たちは、実際に商品を考える際にインスタグラムを利用してアンケート調査を数回行いました。インスタグラムで多くの人にアンケートを取っているため今、どんな商品が人気なのかを把握することが出来ました。そのため、ターゲットのニーズにより近い商品を作ることが出来るので、私たちの商品は満足してもらえます。

 最後に、私たちは商品を選んで貰えるように付加価値を付けました。私たちの商品を3,000円以上買ってもらうと、おまけとしてオリジナルデザインのトートバッグが付いてくるというものです。安くで販売する上に今はレジ袋が有料化され、トートバックやエコバックの需要が増えているのでおまけを付けるとさらに消費者の興味を引き付け購入して貰えます。

 私たちは、商品を売って出た利益の5%を沖縄の未来のために「沖縄美ら島ゆいまーる」に募金します。なぜなら、私たちのクラスは課題研究という授業で「SDGs」、「沖縄21世紀ビジョン」について学んで、より良い沖縄にするにはどうすれば良いか考えプレゼンをしました。その時に感じた沖縄の現状や課題を見つけたので、少しでも沖縄に貢献したいと思ったからです。その募金されたお金は自然環境の保全や沖縄の将来を担う児童・青少年の育成、離島の振興に活用されます。消費者も自分たちが払ったお金が募金活動に役立てられると知れば、購買意欲を高めることが出来ます。
 以上のことから、私たちのビジネスは実現可能と言えます。