大会日程

一次審査

一次審査では、高校生はチームを作り事業概要や収支計画を含んだ事業計画書を提出します。
その提出書類を審査員が評価し、最大30万円の資金を受け取り実際にネットショップを起業するチームを選考します。
独創性や社会変革の可能性といったことは、あまり評価しません。チームのメンバーの熱意が伝わってくるか?選考委員が欲しいと思う商品か?実現可能性が高い商品か?が評価の大きなカギになります。

オンラインセミナー

一次審査を通過したチームを対象に、起業家など社会で活躍している講師によるオンラインセミナーを実施します。(選考に漏れたチームもセミナーに参加できます。)
ビジネスを実現するにあたって必要な、マーケティング・ネットショップ運営・会計等の知識を学びます。このオンラインセミナーは、YouTube上でもアーカイブが公開されます。
ネットショップを運営するために役立つ知識はもちろん、セミナーの中で多様なキャリアに触れることで、自身の将来のキャリア形成に役立つ学びも得ることができます。

ネットショップ開店準備

一次審査を通過したグループは、与えられた資金最大30万円を使ってネットショップの経営をしてもらいます。
商品を作るチームであれば、原材料を仕入れて、それを加工します。他にもビジネスの形はたくさんあるので、それぞれのグループがそれぞれのやり方で商品やサービスを完成させます。
準備の過程で、商売相手と交渉をすることをはじめ、社会の中で活動することは、実践的な学びを得られる機会となります。

販売期間

実際に生産した商品は、インターネットショップを通じて、実社会の消費者に販売します。オンラインセミナーで学んだ知見を活かしながら、顧客の需要を見極め、PR活動や戦略的な価格設定を行います。
また、自分たち自身で受注した商品の梱包や発送も行い、お客様のもとへお届けすることになります。
この段階では、これまで学んできた、マーケティングをはじめとする知識と、メンバーひとりひとりが持っている多種多様な能力を最大限活かして、目標を実現する大きな山場を迎えることになります。

決算作成

高校生たちの仕事は、販売で終わりではありません。高校生たちには、プログラムの中で生まれたお金の流れを、活動と並行して記録してもらいます。決算作成では、その全てのお金の流れをまとめ上げてもらいます。この決算作成こそ、「リアルなビジネス」を反映させたこのイベントの見どころの一つであり、かつ重要な評価項目でもあります。